ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

733

ジョコ大統領が「モバイルレジェンド」に注目する理由とは

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が、スマホゲームの『モバイルレジェンド』について言及したことが話題になっている。「私はモバイルレジェンドの遊び方を息子に教わっている」と、ジョコ大統領は語った。また、地元のゲーム実況動画配信者と会談をしたこともある。

インドネシアで「770円フィーチャーフォン」が登場 Alfamartで2019年3月迄に販売開始

12月4日、Googleはジャカルタで『Google for Indonesia 2018』を開催した。 その中で同社は、新型フィーチャーフォン『WizPhone WP006(以下WizPhone)』を発表した。KaiOSを採用したWizPhoneは、Googleアシスタントを使用した音声操作にも対応する。 この端末の価格は、9

スマホ連動の養殖装置で、インドネシア農村部の経済成長を促す「eFishery」

11月13日、『eFishery』が400万ドル(約4億5000万円)を資金調達した。 このインドネシア企業が提供するのは、スマートフォンと連動する養殖装置だ。本社所在地は西ジャワ州バンドゥン郊外の山間部にある。 スマホと連動の自動給餌機 付近に海や湖のない地域でも養殖業

半径7kmのデリバリーにも対応するフードコート「Kitchen by GrabFood」

配車サービスを手がける『Grab』が、今年9月に西ジャカルタ・ケドヤ地区で新サービスを開始した。『Kitchen by GrabFood(以下Kitchen)』という、フードデリバリーサービスである。 これは、GrabFoodが運営するフードコートだ。食事のできる実店舗を持ち、そこから半径7km

【2018年11月版】ジャカルタのモバイルショッピングモール「ITC Roxy Mas」で見るスマホのトレンド

インドネシアのスマホ事情を知る上で最も有効な手段のひとつは、ジャカルタ市内にある『ITC Roxy Mas』を訪れることだ。ここはモバイル製品に特化したショッピングモールである。 筆者は2017年の10月26日にここを取材し、その様子を記事にした。そして今回、2018年11月18

日系企業からスタートアップまでブース出店 日曜日のカーフリーディを走ってみる

ジャカルタの目抜き通りであるタムリン通りとスディルマン通りは、毎週日曜日に車両規制が行われる。 午前6時から11時まで、トランスジャカルタのバスを除く車両は通行が禁止され、全長約7kmの歩行者天国ができる。慢性的な渋滞に悩まされるこの道路であるが、週1回5時間

インドネシアでも政府がeスポーツ支援へ、東南アの総合格闘技団体も投資

インドネシアでもeスポーツが発展の兆しを見せている。 今年8月から9月にかけてジャカルタで開催されたアジア大会では、エキジビション種目ながら初めてeスポーツが催された。4年後のアジア大会は中国の杭州での開催だが、eスポーツは正式種目に昇格する見込みである。

【大きく変わるジャカルタの空港・後編】第3ターミナルへ移転する日系航空会社

ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港には3つのターミナルがある。 去年グランドオープンを迎えた第3ターミナルは、各クラスに対応したラウンジから、吉野家や丸亀正麺等の日系飲食店、おしゃれなレストラン・カフェまで幅広い種類の施設を揃えている。各航空会社も

【ライオン航空墜落事故】デマ画像拡散を阻止するインドネシア国家防災庁報道官のTwitterに注目

10月29日朝、ジャカルタ発パンカルピナン行きのライオン航空JT610便が海上に墜落した。 乗員乗客の総数は189名。救難当局は事故機の捜索を急いでいる。 事故そのもの自体が非常に大きな問題であるが、同時にインドネシアではSNSでのデマ情報拡散も問題になっている。事故

【大きく変わるジャカルタの空港・前編】大拡張を見据える首都国際空港

インドネシアの首都ジャカルタの「玄関口」といえば、スカルノ・ハッタ国際空港である。 この空港の所在地はジャカルタではなく西隣のバンテン州タンゲランで、スカルノ・ハッタ空港からジャカルタ中心部まで行くには、それ相応の時間を要する。 車で渋滞がなければ30~4

人気のインドネシア・エアアジアX「バリ島直行便」が運休へ

インドネシア・エアアジアXは、成田からバリ島までの直行便を就航させたLCC(格安航空会社)である。 人気のリゾート観光地に手頃な価格で行ける便だったが、来年1月14日を最後にこの便の運行は停止されることとなった。 人気路線の運休 現時点で日本〜バリ島間の直行

「Dekoruma」が革新するインドネシアの内装と、家具通販サービス

10月10日、インドネシアの家屋内装工事サービス『Dekoruma』がシリーズB投資ラウンドでGlobal Digital NiagaとAddVenturesから資金調達(金額非公開)した。 Dekorumaは部屋の改装を専門に行い、改装プランを分かりやすく視覚化することを訴求し、成長しているスタートア

Go-Jekのクーポンサービス「Go-Deals」で食事等の各種サービスがお得に!

バイクタクシー配車サービスGo-Jekは、インドネシア最大級のデジタルプラットフォームのひとつに成長してきている。 10月11日、Go-Jekはデジタルクーポン販売サービス『Go-Deals』をローンチした。デジタルクーポンを電子マネー『Go-Pay』の残高かポイントサービス『Go-Po

インドネシアのシェア倉庫サービス「Waresix」による物流の革新

インドネシアは世界地図で見るよりも広大な国である。 普段見ている世界地図はメルカトル図法で、極地に近づくほど大きく描かれてしまう。赤道に接しているインドネシアは、メルカトル図法の地図では小さく見えるのだ。 しかし、インドネシアの最東端と最西端は大阪〜中

岐路に立つインドネシアのタバコ産業と、タバコ会社大手ジャルムのCermatiへの出資

9月、金融商品のプラットフォーム『Cermati』がシリーズBで資金調達した。出資企業の筆頭はジャルムグループである。 ジャルムグループといえば、インドネシアを代表するタバコ製造企業だ。経営者であるハルトノ兄弟は、同国の長者番付の常連としても知られている。兄のマ