ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

619

え、インドネシアの人って苗字が無いの?

インドネシア関係でびっくりしたことの1つ。ほとんどの人が名前だけで苗字が無い!なんで苗字がないの?パスポートとかどうなってるの?気になったことをまとめてみました。

インドネシアに荷物を送るには? EMSの送り方・受け取り方

 日本からインドネシアの取引先に商品サンプルや重要書類などを送りたい時、友人にプレゼントを送りたいときどうすればよいでしょうか?? 送ったものは日本と同じように家まで配達してくれるのか? 今回は、インドネシアに荷物を送るときにおすすめサービス「EMS」(国際スピード郵便)との荷物の送り方・受け取り方を紹介します。

<インドネシアの携帯事情>3大キャリア・料金パック事例紹介!

 インドネシアの主要携帯キャリアや支払いシステム、料金プランを一挙公開します。日本の携帯をローミングで利用するよりもはるかに安く、インドネシア国内からかけるのも容易。出張にあわせて、インドネシアの番号をゲットしておきましょう!

ラマダン開始間近! THR(レバラン手当)はどう支払う?

◯6月28日からラマダン(断食月)が始まります。 ◯ラマダンが近づく中、企業は従業員へのレバラン手当の用意を始めています。 ◯レバラン手当の金額や渡し方などを解説します。

「セブンイレブン全店閉鎖」は現地でも大きな話題に

※画像はYouTubeのスクリーンショット インドネシアでのセブンイレブン全店閉鎖は、現地でも大きな話題になっている。セブンイレブンは他のASEAN諸国では成功を収めているからだ。 インドネシアの隣国マレーシアでは、セブンイレブンはすでにポピュラーな小売店として地位

インドネシアの代表的なコンビ二大手4ブランド紹介

 インドネシアの消費ブームに乗ろうと、日系コンビニ各社の参入が相次いでいます。現地にはどんなコンビニがあるのでしょうか?人気のコンビニはどこ? 大手4ブランドを紹介します。

日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行まとめ

 インドネシアでビジネスを始めるにあたり、どうしても現地の金融機関との交渉が必要。現在、日本の地方銀行や信用金庫はインドネシアのメガバンクと業務提携をし、現地での業務サポート環境を整備を進めています。今回は、日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行を紹介します。いずれも、日本人スタッフや日本の提携銀行から派遣された行員が対応する日本人向け窓口「ジャパンデスク」があり、とても心強いです!

インドネシアの空の足・航空会社8社の特徴まとめ

 東西5000キロと広大なインドネシアでは、都市間の移動に飛行機が不可欠。インドネシアにはどんな航空会社があるのでしょうか?ジャカルタ便がある航空会社をまとめて紹介します。

バリではUberが使えない!? 配車サービスの「理想と現実」

○インドネシアで大人気のUber。ところが、バリでは仕える場所が少ない!? ○既存タクシー業者との取り決めにより、配車サービスの車両は空港と繁華街へ乗り入れができない。 ○バリではジャカルタ以上に熾烈な「タクシー戦争」が……。

日本語での診察OK!ジャカルタの日本人向け医療機関を紹介

 インドネシアは日本と比べると衛生環境がどうしても悪く、体調を崩しがち。体調を崩した時、きちんとした医療が受けられるか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。今回は、日本語が通じる医師や看護師がいる医療機関情報をお届けします。

休日はどこへ行く?ジャカルタ近郊のレジャー施設を紹介

 娯楽が少ないと言われるジャカルタにも、モール以外のアミューズメントスポットはあります!どんなクオリティか、サービスの質か? ジャカルタの名所を紹介します。

日本人パティシエのいるパン屋・スイーツ店まとめ

 甘党が多いインドネシアの人の好みに合わせたケーキは、日本人にとってちょっと甘過ぎ…。やっぱり「日本のケーキ」や「日本のパン」が食べたい! ジャカルタにある日本人パティシエが腕をふるうお店をまとめて紹介します。

インドネシアで絶対役立つ!おすすめアプリ8選

 インドネシア(主にジャカルタ)滞在中に必ず役立つスマートフォン用アプリを8つ紹介します。渡航前に、ぜひDLしてみてください♪

ここはもう日本!? 噂のイオンモールに行ってみた

◯今年5月にオープンした、イオンモールBSDシティ店を調査。広大なフロアに様々な日系店舗が入居する。 ◯ショップのすぐ隣に飲食店があるという構図で、「戦果確認」をその場でするインドネシア人の性格に合わせている。 ◯日本のスーパーマーケット独自の習慣を、ここでも見ることができる。

「空港でのビザ取得トラブル」について、外務省が注意喚起

「不正をしていた入国審査官はすでに逮捕された。だから汚職の問題は大幅に改善された」と、筆者は現地のとある省庁職員から聞いたことがある。 だが、その言葉の信憑性を疑わざるを得ないメールが、日本の外務省から届いた。 インドネシアは特定の国からの旅行者に対し