オンライン内見を始めました!新規様限定でお得なキャンペーンも実施中! Email us or LINE

ラマダン開始間近! THR(レバラン手当)はどう支払う?

ラマダンについて

2014年のラマダン(イスラム教の断食月)は、6月28日から始まります。

日本では馴染みのないラマダンというイベント。ですが当然ながら、インドネシアを始めとしたイスラム教徒が大多数を占める国では一大行事です。太陽が出ている間は食事や水を口にしてはいけないという決まりで、大相撲の大砂嵐関(エジプト出身)も炎天下の稽古の中で水を飲まないというほどのものです。

ですから、企業側も従業員への細やかな配慮が必要になります。

ラマダンは純粋太陰暦のヒジュラ暦における第9月で、グレゴリオ暦と照らし合わせた場合毎年10日ほど早まります。

今年2014年のラマダンは、


開始 6月28日

終了 7月27日


になります。そしてそれが終わると、レバランと呼ばれる断食明け大祭が待っているのです。

レバラン手当とは?

レバランはイスラム教徒にとって、まさに「正月」のようなものです。

そしてインドネシアの労働者へのボーナスは、この時期に支給されます。現地では「THR(Tunjangan Hari Raya)」と呼ばれているこの賞与制度、インドネシアの法律においても義務化されています。


レバラン手当について詳細に触れてみたいと思います。


対象者は?

・継続して3ヵ月間、またはそれ以上の勤続期間をもつ労働者が対象となります。

・ムスリムに限らず、クリスチャンや仏教徒も対象となります。日本人労働者を雇用した場合も同じく対象となります。


いくら払うの?

・勤続期間が12ヶ月以上労働者…基本給の1ヶ月分

・勤続期間が3ヶ月以上、12ヶ月未満の労働者…  継続期間 ÷ 12 × 基本給の1ヵ月分


いつ渡すの?

・レバラン休暇の2週間前までに渡すのが一般的ですが、遅くとも1週間前までには渡す必要があります。


どうやって支払うの?

ー銀行振込が一般的。



ここで、インドネシアで働いている方のブログを一つご紹介します。


>レバラン手当(グッジョブ! 「インドネシア単身生活」)


http://blog.goo.ne.jp/naokamijkt/e/4c224856ef513bc62d33814307789c70#close


この時期になると会社から従業員に対して「レバラン手当」が支給される。
インドネシアの慣習で、テーハーエル(THR=Tunjangan Hari Raya)といわれ、イスラムの正月(レバラン)の前に最低1ヵ月分支給するよう政府も通達を出している。

先述の通り、もちろん従業員の中にはキリスト教徒やヒンドゥー教徒もいますが、THR支給の時期はイスラムのそれに合わせるのが一般的です。中にはプラスアルファとして、徳用のお菓子詰め合わせを支給する企業もあるように、上述した内容は一般的なもので、金額や渡す時期、支給するものにも地域や企業によって多少の差があります。

支給の仕方も一工夫

THRの支給は銀行振込でももちろん構わないのですが、何しろインドネシア人にとっては年最大のイベントです。銀行振込ではあまりにも無機質、と考える人もいるようです。

ここでもう一つ、インドネシアで暮らす方のブログをシェアさせていただきます。


>THR(レバランボーナス)用のポチ袋を買いに!(元ジャカルタ駐在妻の続・奮闘記)


http://ameblo.jp/xichuan1118at-jakarta/entry-11576219161.html


THRをメイドや運転手に直接渡すため、お洒落なポチ袋を買いに行ったという話が何とも微笑ましいですね。

インドネシアでは従業員との絆をいかに深めるかが重要です。そのためには、こうした工夫も大いに花咲くものになるのではないでしょうか。