伝統的な風習「アリサン」をオンライン化した、Arisan Mapan

インドネシアには「アリサン(Arisan)」と呼ばれる風習がある。

たとえば総勢10人の集会を開いて参加者全員から10万ルピア(約780円)ずつ徴収する。すると合計で100万ルピア(約7800円)集まる。10人でクジ引きをした勝者に、この全額が渡されるという仕組みだ。

このような集会を、1ヶ月毎に開催する。一度当選した参加者は、その後の集会では抽選権を失う。この例の場合、10回目の集会が終了した時点で、必ず全員に100万ルピアが行き渡るのだ。

商品を自宅へ直接配送

『Arisan Mapan』は、アリサンとマーケットプレイスを混合したコンセプトのサービスである。ユーザーはアプリ内で自分の所属するアリサンを設定し、積立金の額や徴収の頻度を設定する。それに合わせた額の商品を指定すれば、当選した時に商品が自宅に配送されるのだ。

商品のラインナップを見ると、家具、白物家電、台所用品など、主婦層を意識したものが目立つ。また、アリサンの出資金の振り込みについては大手コンビニIndomaretでの現金支払いにも対応しているので、電子決済に慣れない人も安心して利用することができる。

Arisan Mapanは、インドネシアに根付く風習をテクノロジーにのせたサービスである点で注目が集まる。

【参考】
Arisan Mapan
Teh Yayat dari Cilegon: Memperbesar Usaha via Arisan Mapan-YouTube