インドネシアの農家と行商人を直接繋ぐプラットフォーム「Kesai Sayur」

インドネシアの農業に関する課題を解決しよう、というオンラインプラットフォームが数多く登場するようになった。

インドネシアの農業では、一次生産者と小売業者をつなぐサプライチェーンに大きな課題がある。従来の流通経路はあまりに複雑で、一次生産者よりも仲買人のほうが大きな利益を手にするほどの状態だが、れを改善しよう、という動きが活発になってきている。

この記事で紹介する『Kesai Sayur』というオンラインプラットフォームは一次生産者へのフェアトレードを達成しつつ、小売業者の収益や働き方の改善も考慮された仕組みを採用している。

農家と行商人をつなぐプラットフォーム

インドネシアでは、荷車を前方に設置した自転車をよく見かける。その荷車には大量の野菜が載せられている。彼らは自前の店舗を持たない行商人だ。

行商人の朝は早い。得意先の家の前に時間通り駆けつけねばならず、そのための下準備も深夜のうちから行う。行商人は販売だけでなく仕入れ作業も行わなくてはならないから就労時間も不安定になる。

また、現状のサプライチェーンはあまりに仲買人の数が多く、その分だけ仕入れ価格も割高になる。これは小売業者にとっては大きな負担である。

Kedai Sayurは一次生産者と行商人の双方と直接契約し、サプライチェーンをシンプルにできるプラットフォームを運営している。行商人はスマホアプリを使い、希望の数量の野菜を発注。その商品はKedai Sayurの流通経路を通じて契約行商人に直接届けられる。

East Venturesから資金調達

Kedai Sayurのプラットフォームは、サプライチェーンの不具合を改善してフェアトレードを促すと共に、行商人の「働き方改革」にも繋がる。オンラインを介した商品の発注は、その仕入れにかかる時間を大幅に削減することが可能だ。

Kedai Sayurは去年ローンチされたプラットフォームだが、それからまだ1年も経たない2019年5月、East Ventures主導のシードラウンドで130万ドル(約1億4000万円)の資金を調達した。この資金は、契約行商人数の拡大に使われるという。

インドネシアのUMKM(中小零細事業者)に寄り添ったKedai Sayurは、今後の飛躍が期待されるスタートアップだ。

【参考・動画】
Kedai Sayur
Mitra Sayur Bendi Besar (Bpk Narto)-YouTube