オンライン内見を始めました!新規様限定でお得なキャンペーンも実施中! Email us or LINE

休日はどこへ行く?ジャカルタ近郊のレジャー施設を紹介

 今回は、ジャカルタのレジャー施設、デートスポットを紹介します。

 連休中に家族連れやカップルでごった返しになる名所から、インドネシアのサービス業の質や基準を知れそうです。

  • 遊園地(ジャカルタの複合遊園地「アンチョール」)
  • 動物園(ジャカルタ・ラグナン動物園)
  • 巨大プール施設(ウォーターボム)

の順に紹介します。

海沿いの複合遊園地「アンチョール(Ancol)」

 アンチョール(ancol)はジャカルタでの東京ディズニーランド、ディズニーシーのような存在で、海水浴場、遊園地、水族館、ショーパーク、芸術市場が併設されています。スタジアム施設もあり、スーパージュニアのコンサートの会場になりました。

 定番施設は、以下の3つです。


 スカイフォールや観覧車、水中ジェットコースターなどアトラクションが盛りだくさん。ただ、安全性には疑問点が多く、事故もたびたび。

 コモドドラゴンなどインドネシアの動物のマスコットキャラクターが園内を歩き回り、写真撮影などたっぷりサービスをしてくれます。しかし、着ぐるみマスコットの頭を抱えて歩くスタッフもいるとか!?

 ウミガメや巨大エイ、シーラカンスなど、海洋大国インドネシアならではのユニークな魚がたくさんいます。ふれあいコーナーも充実。フィッシュスパ体験コーナーもあるそうです。


 水中のマーメイドショーやイルカのショー、3Dショーを楽しめます。。

 出演者との無料記念撮影など、日本では考えられないサービス満載です。

10万人も動員!?ラグナン動物園

 ジャカルタ最大の動物園、ラグナン動物園(Kebun Binatang Ragunan)。入場料はたった5,000ルピア。(公式ウェブサイトはなし)

 南ジャカルタのラグナン地域にあり、トランスジャカルタの駅もあるのでアクセスしやすいです。

 レバランなど大型連休中は、1日10万人以上が来園し、迷子が続出するほど人気のスポットです。

 一つ一つの動物のスペースが広く、園内もとても広いので自転車をレンタルしてまわることもできます。自然の中で動物の姿を楽しみながらサイクリングできますね。

巨大プール施設は年中営業!

 年中夏のジャカルタでは、巨大プール施設は通年営業。巨大スライダー付きのプール施設がいくつかあります。

 浮き輪は無料でレンタル可能。流れるプールや、ボートに乗るタイプのスライダーなどもあるようです。

 <参考>行かれた方のブログ→つれづれ漫遊記

 ちなみに、バリにも系列施設があります。

 オーシャンパーク・ウォーター・アドベンチャー(Ocean Park Water Adventure BSD)…入場料6ルピア〜

 ジャカルタ郊外のベッドタウン、BSDにあります。巨大スライダー、流れるプールあり。


 いかがでしたか? アミューズメント系ビジネスを考えている方は、一度巡ってみると、なにかヒントが見つかるかもしれませんね。