オンライン内見を始めました!新規様限定でお得なキャンペーンも実施中! Email us or LINE

インドネシアの統計データが満載!大統領直轄機関のBPSって?

中央統計局 「BPS(Badan Pusat Statistik)」とは?

BPSとは...

同国の統計行政組織は,首都ジャカルタのBPSから、33州(provinsi),497県・市(kabupaten/kota),6,793郡(kecamatan)注2)へと垂直的に統治する中央集権的構造に特質がある。州と県・市には支部が設置され,郡には1名の統計官が配置されている。また,BPSはどの省にも属さず,大統領直轄の組織になっている。スハルト政権崩壊後,急速な地方分権化が進行中であるにも関わらず,BPSでは上意下達の組織構造が長年維持されてきた。 ( 科学技術振興機構「新興地域の統計事情」より引用)
 一言で言うと、BPSは大統領直轄の統計組織です。毎回、政府が専門のスタッフを全国的に雇い調査しており、インドネシアに関するデータであれば、外資系調査会社のデータよりもBPSのデータが正確であるとされています。

 また、各州支部のBPSがウェブサイト上で州ごとの統計を発表しています。


どんなデータがあるの?統計データ事例紹介!

     かなりの数の統計データが存在しますが、いくつか事例を紹介します。


     


       

     ▲図1:年代別非識字率

     


     ▲図2:下記は2012年度の月別輸出総額の推移

      ※月別、国別、製品別、港湾別でソートが可能でとても便利です。


    豊富な統計データのカテゴリ

     BPSは、過去のデータもウェブサイトで発表しています。

    インドネシア国内のデータを拾うのに、とってもありがたい存在です。


     ウェブの左端のメニューで以下のカテゴリに分類されてデータがまとめられておりいます。



    <カテゴリ一覧> ※日本語で対訳をつけておきました。

    【社会・住民 (Social dan kependudukan)

    性別 gender/人間開発指数 Indeks Pembangunan Manusia)/貧困率 kemiskinan/人口分布 kependudukan/健康 Kesehatan/消費・家計 Konsumsi dan Pengeluaran/Pendidikan 教育/Perumahan 住宅/politik dan keamanan 政治と治安/sosial budaya 社会文化/Tenaga Kerja 労働力


    【経済・商業(ekonomi dan perdagangan)】

    輸入・輸出 Ekspor-Impor/エネルギー Energi/生産価格 Harga Produsen/卸売業価格指数Indeks Harga Perdagangan Besar/Industri 工業/Inflasiインフレ/ITB-ITK ビジネス動向指数・消費動向指数/Keuangan 金融/Komunikasi 情報通信Konstruksi/建設/Neraca Arus Dana資金循環/Nilai Tukar Petani コメ価格(農家の購買力)/Pariwisata t観光/Produk Domestik Bruto 国内総生産/Produk Domestik Regional Bruto 実質国内総生産/Transportasi 交通輸送/Upah Buruh 労働者の賃金/Usaha Mikro Kecil 中小企業


    【農業・鉱業(pertanian dan pertambangan)】

    Hortikultura 園芸/Kehutanan 林業/Perikanan 漁業/Perkebunanプランテーション/Pertambangasn 採掘業/Peternakan 畜産業/Tanaman Pangan 食品作物



    要チェック!毎月発表される統計データ

     

     毎月、月はじめになると公式統計発表Berite Resmi Statistikとして

    •  消費者物価指数(CPI)統計
    •  外国人観光客数統計
    •  貿易統計

     などの数値と見解をまとめたpdfファイルをウェブサイト上に公表しています。


     また、四半期に一度GDP成長率を、半年に一度貧困率統計を発表しています。

     例えば、2013年8月1日、2日に発表されたデータは、

     2013年7月のインフレ率が3.2%

     同月の外国人観光客数が前年比13.52%増

     などなど。


     伸びている産業や伸び悩んでいる分野などをチェックし、ビジネスに役立てそうです。

     毎月チェックしておいて損はありません。


    番外編:10年に一度実施の「国勢調査」データも!

     BPSでは、10年に一度実施の「国勢調査」を実施しています。

    以下、最新版(2010年)の調査結果が専用サイト「sensus indonesia 2010」(英語もあり)にて公表されていますので紹介します。


     最新の人口データや年代別人口ピラミッド(上)などの情報がそろっています。

     インドネシア関連のプレゼン資料を作るのに重宝しそうですね。


     2億3,800万人分のデータを対面調査で集めたという、インドネシアの調査力が集結した(!?)データです。


     2013年の5月には農業統計を実施。来年当たりに、現在の主要農作物状況などのデータがそろいそうです♪