オンライン内見を始めました!新規様限定でお得なキャンペーンも実施中! Email us or LINE

バリではUberが使えない!? 配車サービスの「理想と現実」

配車サービス『Uber』は、日本ではあまり普及していないようです。

そもそも、日本の場合はタクシー会社のクオリティーが高く、白タクに過ぎないUberは消費者から疑いの目を向けられてしまいます。ですがインドネシアでは、すでに市民の足として定着しています。もはやUberのない暮らしはあり得ず、その手軽さも相成って同国で一大シェアを確立しました。

ところが、外国人観光客の多いバリ島ではある種の苦戦を強いられているようです。

どうして来ないんだUber!?

ここはバリ島の玄関口、グラライ国際空港。筆者はライターとしての仕事(という名目のバカンス)のため、ここを訪れました。

ホテルはすでにアゴダで予約していたため、あとは車を手配するのみ。早速スマホを取り出し、ウーバーを呼びました。

ところが、1台目は散々待たされた上になぜかキャンセル、2台目もなかなか捕まりません。しびれを切らした筆者は、仕方なく既存のタクシー(といってもやっぱり白タク)を手配することに。

この時乗り合わせたタクシーのドライバーに事情を説明すると、このような答えが返ってきました。

「ええ、それは仕方がないです。空港敷地内での配車サービス乗り入れは取り決めで禁止されてますから」

空港と繁華街では乗り入れ禁止

バリはご存知の通り、インドネシア最大の観光地。レギャン通りはもはやインドネシアと言い難いほどの様相で、もしかしたら西洋人のほうが多いのではと思えてしまうほど。

実はこのレギャン通りも、UberやGrab、そしてGojekの乗り入れができないそうです。ところがUberのアプリを開いてみると、このような表示があります。

つまりUberとしては、「世界中どこでも利用できる」という姿勢を崩していないわけです。「出発ロビーのフロアまでドライバーがお迎えにあがります」と記載されています。しかし繰り返しますが、空港敷地内でいくら待ってもUberは来ません。

インドネシアの配車サービスは、理想と現実の隙間に立っています。

配車サービスの「課題」

バリでは今年初め頃、運輸省やマンク・パスティカ州知事をも巻き込んだ「配車サービス騒動」が発生しました。

すなわち、既存タクシー業者によるオンラインサービス企業への反発です。こうしたことはジャカルタでも発生していますが、先述の通り観光客の多いバリではより慎重な問題になっているようです。

たしかにレギャン通りでは、Gojekのジャンパーを着た人が今も皆無です。とにかくレギャン通りに入れないわけですから、利用客にとってはこの上ない不便となってしまいます。もちろん、既存タクシー業者はそうしたことを目論んでいるはずです。

そしてさらに不便なのは、「ここでのピックアップは禁止されている」ということをUberのアプリで表示されないという点です。あらかじめ現地の情報を仕入れなければ、筆者のように来ない車をいつまでも待つハメになります。

我々消費者にとっては非常に便利な配車サービスですが、現実は様々なハードルが待ち構えているようです。

あわせて読みたい記事

「メイド離れ」が加速か 台頭するオンライン清掃サービス