ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

259

2020年度のジャカルタ首都圏各都市の最低法定賃金

インドネシアでは、各州の最低法定賃金が前年度に設定される。 日系企業に限らず、インドネシア全ての企業はこの動向に注目する。最低法定賃金は毎年上昇し、これに合わせた給与設定を行う必要があり人件費増加となるからだ。 11月1日、ジャカルタ特別州は来年2020年の最

インドネシアの黒魔術とホラーコンテンツ

Twitterで「#僕らの周りの黒魔術」というハッシュタグがインドネシア在住日本人の間で10月に話題になった。 きっかけは、在インドネシア日本大使館の公式サイトだ。現地での犯罪被害の事例に、黒魔術を使って相手に催眠をかけるということが紹介されていたのだ。 在イン

ハラル製品保証法、10月より猶予期間開始。日系企業も対策が必要に

インドネシアの食品業界に、大きな転機が訪れようとしている。 ハラル製品保証実施機関(BPJPH)の発表によると、「ハラル製品保証法」が今年10月17日から2024年10月17日までの猶予期間を経て施行される。 中小零細事業者も対象の法律 「ハラル製品保証法」は、食料品

インドネシアのポカリスエットのアニメCM、「新海っぽい」と話題に!

インドネシアで9月に公開され、大きな話題になったCMがある。 それは、ポカリスエットのCMだ。 1分程度のアニメ動画で、かなりクオリティーが高いことで評判になっている。 「新海アニメ」のようなCMが大好評 このCMは、現在ポカリスエットがインドネシアで展開して

バリ出身の女子パワーリフティングのニネンガ選手、東京パラリンピックでの大活躍に期待!

2020年東京パラリンピックでの活躍が大いに期待されているアスリートが、インドネシアにいる。 バリ島出身のニネンガ・ウィディアシ選手である。パワーリフティングの女子41kg級の強豪選手だ。 2016年のリオデジャネイロパラリンピックでは銅メダル、2018年のインドネシ

世界的モータースポーツの開催を控えるインドネシア

フォーミュラEは、化石燃料を使用しないフォーミュラカーによるレースで「電気自動車のF1」とも言われている。この開催地に、インドネシアの首都ジャカルタが選出される可能性が浮上した。 ジャカルタ特別州のアニス知事は、2020年半ばから始まるフォーミュラEのシーズン

ジャカルタ・バンドン高速鉄道、ジャカルタからカラワンまで僅か15分か

数年前に日本でも度々報道されたジャカルタ・バンドン間の高速鉄道。 当初は日本のODAで建設するとみられていたが、最終的には中国の融資で進めることが決定された。この「中国案」による高速鉄道建設は、当時2019年の開業を見込んでいた。しかし土地収用や各省庁間の調整

ロンボク島出身の陸上男子ゾーリ、東京五輪の100m走での大活躍に期待!

5月、大阪で開催されたセイコーゴールデングランプリ陸上。男子100m走決勝戦は、アメリカのジャスティン・ガトリンが10秒00のタイムで優勝し、日本の桐生祥秀がそれに続く10秒01で2位につけた。そして、3位の選手はインドネシアのラル・ムハンマド・ゾーリだった。タイムは

インドネシアの到着ビザ、2019年5月に50万ルピアに料金改定

インドネシアに観光目的で入国する場合、30日以内の滞在であればビザが免除されるが、商用目的の場合はビザが求められ、空港でアライバルビザ(以下VOA)を取得する必要がある。 今年4月までは35米ドル(約3800円)だったが5月よりこの手数料が改定され、50万ルピア(約3780円)

ガルーダ・インドネシア航空が名古屋~ジャカルタ直行便を運航開始

3月23日、ガルーダ・インドネシア航空はジャカルタから名古屋の中部国際空港への直行便運航を開始した。 両都市にとっては、これが初めての定期直行便で週に4回の往復スケジュールだ。数年前から計画はあったものの延期を余儀なくされていたという。 中京圏からのアク

【大きく変わるジャカルタの空港・後編】第3ターミナルへ移転する日系航空会社

ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港には3つのターミナルがある。 去年グランドオープンを迎えた第3ターミナルは、各クラスに対応したラウンジから、吉野家や丸亀正麺等の日系飲食店、おしゃれなレストラン・カフェまで幅広い種類の施設を揃えている。各航空会社も

【ライオン航空墜落事故】デマ画像拡散を阻止するインドネシア国家防災庁報道官のTwitterに注目

10月29日朝、ジャカルタ発パンカルピナン行きのライオン航空JT610便が海上に墜落した。 乗員乗客の総数は189名。救難当局は事故機の捜索を急いでいる。 事故そのもの自体が非常に大きな問題であるが、同時にインドネシアではSNSでのデマ情報拡散も問題になっている。事故

【大きく変わるジャカルタの空港・前編】大拡張を見据える首都国際空港

インドネシアの首都ジャカルタの「玄関口」といえば、スカルノ・ハッタ国際空港である。 この空港の所在地はジャカルタではなく西隣のバンテン州タンゲランで、スカルノ・ハッタ空港からジャカルタ中心部まで行くには、それ相応の時間を要する。 車で渋滞がなければ30~4

人気のインドネシア・エアアジアX「バリ島直行便」が運休へ

インドネシア・エアアジアXは、成田からバリ島までの直行便を就航させたLCC(格安航空会社)である。 人気のリゾート観光地に手頃な価格で行ける便だったが、来年1月14日を最後にこの便の運行は停止されることとなった。 人気路線の運休 現時点で日本〜バリ島間の直行

スラウェシ島大地震、義援金活動が開始

9月28日、中部スラウェシ州ドンガラ県で発生した大地震は津波を引き起こし、州都パルにも甚大な被害をもたらしている。10月2日現在、大地震と津波による死者数は1,234人に達したと発表され、犠牲者数は更に増える恐れがある。 インドネシアは日本と同じく環太平洋火山帯に