ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

199

インドネシアの代表的なコンビ二大手4ブランド紹介

 インドネシアの消費ブームに乗ろうと、日系コンビニ各社の参入が相次いでいます。現地にはどんなコンビニがあるのでしょうか?人気のコンビニはどこ? 大手4ブランドを紹介します。

日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行まとめ

 インドネシアでビジネスを始めるにあたり、どうしても現地の金融機関との交渉が必要。現在、日本の地方銀行や信用金庫はインドネシアのメガバンクと業務提携をし、現地での業務サポート環境を整備を進めています。今回は、日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行を紹介します。いずれも、日本人スタッフや日本の提携銀行から派遣された行員が対応する日本人向け窓口「ジャパンデスク」があり、とても心強いです!

インドネシアで花開いた日系企業5選

◯インドネシア市場で大躍進を遂げた日系企業5社のまとめ。 ◯ヤクルト、大塚製薬、マンダムなど、日本でもお馴染みの企業が存在感を発揮する。 ◯いずれの企業も、地道な営業努力で業績を伸ばしている。

メルカトル地図で再確認するインドネシアの「大きさ」

◯国の「本当の大きさ」を確認できるサイトで、インドネシアを観察する。 ◯インドネシアの東西の幅は中国、アメリカのそれを超え、ロシアと並べてもその長大さを実感することができる。 ◯幅広い国土がもたらすインドネシアビジネスの問題点とは!?

次期大統領を悩ませる、インドネシアの国内問題5選

◯インドネシア次期大統領を待ち受ける国内問題を紹介。 ◯インフラ整備問題、汚職問題、ガソリン補助金問題などが当面の課題となる。 ◯最近では国民が豊かになる故の新しい問題も発生している。

日本で働きたい! インドネシア人労働者が目指すもの

◯インドネシアからの多数の技術研修生が、今月日本へ向け出発。 ◯日本の労働力不足問題に対応するため、インドネシアからの研修生を受け入れる動きが盛んに。 ◯ハラル市場の拡大が、それを後押ししている面も。

昔はよかった? 独裁者スハルトを懐かしむ市民たち

今、インドネシアでは不思議な社会現象が起こりつつあります。現代よりもスハルト政権時代の方がよりよい政治が行われていた、と主張する人たちがいるのです。大規模な市民のデモによって放伐されたはずの独裁者が、なぜ今になって支持を集めているのでしょうか?

「空港でのビザ取得トラブル」について、外務省が注意喚起

「不正をしていた入国審査官はすでに逮捕された。だから汚職の問題は大幅に改善された」と、筆者は現地のとある省庁職員から聞いたことがある。 だが、その言葉の信憑性を疑わざるを得ないメールが、日本の外務省から届いた。 インドネシアは特定の国からの旅行者に対し

インドネシアの業界別主要プレイヤー・ブランド一覧

日本ならパッと思い浮かぶ業界ごとの主要プレイヤーも、インドネシアではわかりにくいもの。 インドネシアで抑えておくとよい、業界・業種別の主要プレイヤーやブランドの一覧をざっくりとつくりました。今後も改訂verを作っていけたらと思います。

インドネシアの統計データが満載!大統領直轄機関のBPSって?

インドネシアにおける基礎的な統計データを確認するなら「中央統計局BPS(Badan Pusat Statistik)」! 外資系調査会社のデータよりも正確と言われており、物価指数、貿易取引額、インフレ率、就労状況など、チェックしておきたいデータが満載。 BPSって?、統計データ事例、月次発表データとウェブサイトの見方などをご紹介します。

19日からお金が新しくなった! でも、この人一体誰?

今月19日から、インドネシアのお金が新しくなりました。ですが、日本人には馴染みのない人ばかりが肖像に。この人、一体誰だ!?

知らないと損するビジネス略語 「S1」って一体何だ!?

◯インドネシア政府は、「S1」を満たしていない外国人には就労ビザを発給しないという見解を示す。 ◯S1とは、大学卒の意。インドネシア語にはこうした略語が多い。 ◯日系社会はインドネシア政府の方針に反対している。

インドネシアで発生しやすい病気 ワクチンと予防法

◯インドネシアは、日本ではまず発生しない病気の宝庫。 ◯伝染病に不慣れな日本人には、より一層の対策と事前予防が求められる。

日本、インドネシア人向け観光ビザを免除へ

◯日本政府はインドネシア人観光客へ向けたビザ免除を発表。 ◯インドネシアでは、この政策は歓迎されている。 ◯日本国内ではインドネシア人観光客向けの観光整備も。

禁煙に向かうインドネシア

インドネシアは「地球最後のタバコ王国」と言われていた。 その表現はいささか大袈裟かもしれないが、確かに喫煙率が高い。成人男性の大半はタバコを吸う国だった。 それはすなわち、この国ではタバコメーカーが強大な財力を持つということだ。そして古今東西、財力は政