新築アパートの落とし穴

VOL.04

Search image

ジャカルタの 物件探し代行サービス

不慣れなジャカルタでの物件探しを経験豊富な
スタッフが完全日本語サポート

完全日本語対応お気軽にお問い合わせください

営業時間: 9:00-18:00(ジャカルタ時間)11:00-20:00(日本時間)
定休日:土日祝日 ※対応中につきお電話に出られない場合がございます

新築アパートメントは、お部屋の中も外も真新しい設備でお客様にとってとても魅力的な物件です。弊社のご紹介物件の中でも、新築物件はとても人気があります。

1)マネジメントの対応が悪い

マネジメントのスタッフが新入社員である事が多いためシステムに慣れておらず、管理体制が整っていないことが多いです。例えばエンジニアの派遣、住居証明の発行、光熱費の請求書発行・入金確認などに時間を要する、何度依頼しても間違ったものを出してくるなどのミスが多く見られます。マーケティングも対応が遅く、オーナーとの交渉に協力してくれないことも多いです。

2)水回りのトラブルが多い

実際に生活を始めないと気付けないような不具合が潜んでいることも。

実際に生活を始めないと気付けないような不具合が潜んでいることも。 A.排水が悪い:内装工事の際に発生した塵やセメントが詰まって、排水口が狭くなり水の流れが悪いことがあります。また、浴室の床が排水口とは逆の方向に傾斜している、或いは平行になっていて、水はけが悪いこともあります。

B.水漏れ:台所のシンクや洗面台の下のパイプ、トイレのシャワー、洗濯機のパイプなどの取り付けがしっかり出来てなく、水漏れが発生することがあります。

3)お部屋の臭いが強い

新築アパートでは、家具や建具などの全てが新しいものとなり、木材の臭いが強かったり接着剤などから揮発する溶剤の独特な刺激臭がする場合があります。

4)停電が起こる

ご入居後に電化製品を使用した際に、ブレーカーが落ちることがあります。オーナーがコストを抑えるため、容量の小さいアンペアブレーカをつけているためです。

新築物件にはこれら4つのポイントに注意し、理想の住まいを探しましょう。

関連記事

Living related article image

家賃に関する税金

VOL.05

Living related article image

家電を購入可能なお店について

VOL.06

Living related article image

排水溝の臭いの取り方

VOL.07

完全日本語対応
お問い合わせください

お問い合わせフォームへ
(+81) 90-1738-9468

営業時間 9:00-18:00 (ジャカルタ時間) 11:00-20:00 (日本時間)
定休日土日祝日 ※対応中につきお電話に出られない場合がございます