ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

619

インドネシア国内事業者の製品に特化したEC「Otenta」

「インドネシア製」という言葉には、どのようなイメージがあるだろうか? インドネシア国内の職人が手がけたものには、素晴らしい製品がたくさんある。しかし現実問題として、それが国外に認知されているとは言い難い。 今回紹介する『Otenta』は、メイド・イン・インド

犯罪から身を守る、インドネシアの護身用アプリ「Buddy Guard」

犯罪から家族を守るツールとして、インドネシアではとあるスマホアプリが注目されているようだ。 それが『Buddy Guard』。家族の所在を常時トラッキングするスマホアプリである。 予め登録したメンバーが今どこにいるのか、Google Mapとの連動で表示される。こうしたスマ

700人以上を検索可能!インドネシアの家庭教師派遣アプリ

どこの国でも、経済的に豊かな層ほど子供への教育熱は高い。 インドネシア都市部では、近年の経済成長により中間層が増えている。すると子供により質の高い教育を受けさせようという動きが起こる。 こうした需要を見越して、以下のようなアプリビジネスも台頭している。

スマートフォンとSNSで寄付金を集めるインドネシアの慈善事業

インドネシアでスマートフォンが普及すると、どのような変化が人々の生活に起きるのか。 こうしたことを、筆者はこのメディアで数々のスタートアップを取り上げながら発信している。今回の記事では少し視点を変えて、非営利団体について取り上げたい。 取材を進めていく

「誰でも広告塔になって稼げる」を実現するインドネシアのアプリ「Sticar」

Go-Jekは、「誰しもが営業ライダーになれる」ということを証明した。ライダー登録はスマホ経由で簡単にできる。 それと同じ仕組みを、インドネシアの広告業界がすでに導入しているようだ。 『Sticar』というスタートアップが話題を呼んでいる。これはGo-Jekのように登録

インドネシアの通信インフラ整備に奮闘する日系企業

インドネシアにおける通信設備の需要は、増える一方だ。 最先端テクノロジーについての事柄を紹介する際、どうしてもスマートフォンやそのアプリ、またはBluetooth接続機器に話の重点が置かれがちだ。しかし、その基礎を支えているのは通信ケーブルであり、事業者が提供す

インドネシアのスマホ事情を把握するためのテクノロジー誌3選

先日、インドネシアのテクノロジーWebメディアについて記事「インドネシアのスマホ市場をチェックするためのメディア3選」を書いた。 もちろん、媒体はWebだけではない。書店に行けばテクノロジー情報誌が陳列されている。今回の記事では、読めばきっと役に立つテクノロジ

モバイル商業施設「ITC Roxy Mas」とインドネシアスマホ市場

ITC Roxy Mas(以下Roxy Mas)という商業施設は、モバイル機器に特化したショッピングモールである。スマートフォンやその他モバイル機器が、1階から最上階まで大量に販売されている。 今回、このRoxy Masに足を運び様々な事柄を調査した。その一部をご紹介したい。 Bl

インドネシアのスマホ市場をチェックするためのメディア3選

インドネシアのスマートフォン事情について執筆している上で、筆者が参考にしているメディアがいくつかある。 数あるメディアの中で、筆者がとくに役立てているものを以下に厳選した。 Kompas.com http://tekno.kompas.com/ 大手メディア『Kompas』のWeb版である。

インドネシアで配車アプリサービスと対峙する「オルガンダ」とは?

インドネシアではすっかり定着した配車アプリサービス。しかしその普及は、決して平坦な道程ではなかった。 Uberは世界中で既存タクシー会社を刺激し続けたが、それと同じことがインドネシアでも起きている。 「オルガンダ」という団体をご存知だろうか。これはインドネ

NY上場した東南アジアのスタートアップのインドネシアEC「Shopee」

インドネシアにおけるECの競争が激化している。 インドネシアを含めて東南アジア各国でECを展開するLazadaをAlibabaが去年買収し、Amazonも今年シンガポールに拠点を構えてインドネシア進出目前とみられている。 また、今年9月にインドネシア発のスタートアップが初めて

食用牛とエビに特化したインドネシアの新しい投資プラットフォーム

インドネシアではユニークなスタートアップも出てきており、今回は『Vestifarm』をご紹介したい。 このVestifarmはエビ養殖と食肉牛畜産に特化した投資プラットフォームだ。たとえば牛の場合、出資者が共同で1頭の子牛を買う。それを育てて、最終的にはイスラムの犠牲祭に

新型iPhone、インドネシアの部品調達率規制を既にクリア

インドネシアにはTKDN規制というものがある。 TKDNとは部品の国内調達率を指し、スマートフォンなどの電子機器の場合、この数値がソフトウェア込みで30%を越えていなければ、国内正規店での販売ができないのだ。これは結局、インドネシアに製造業を呼び込むためである。

クラウドファンディングで資金調達のインドネシア革靴メーカー

資金調達の一手段としてのクラウドファンディングは、インドネシアでも徐々に定着しつつある。 インドネシア国内にもクラウドファンディングサービスがないわけではないが、それらは「慈善事業の後押し」という色合いがまだ強いようだ。一方でアメリカのクラウドファンデ

シャープがインドネシアでスマホ市場に繰り出した「一手」

シャープは台湾鴻海精密工業による買収前から、ASEAN地域で一定の存在感を発揮していた。とくに白物家電分野では、大手家電販売店の中でも決して小さくない面積を専有し続けた。「売れていない」というわけではなかったようだ。 そんなシャープがインドネシアで「新しい攻