インドネシアがもし100人の村だったら?

インドネシアは、どんな国なのでしょうか?

どんな人が住み、どんな光景が繰り広げられているのでしょうか?

そしてインドネシアに住んでいる日本人の方々は、目の前に広がっている光景をどう捉えているのでしょうか?

この記事を読んだら、周りが少し違って見えるかもしれません。

インドネシアには2億5000万人の人がいますが、それを100人の村に縮めるとどうなるのでしょうか?

56人がジャワ島在住

この村の男女比は、ちょうど半分ずつです。

彼らのうちの4人がジャカルタに住み、1人がスラバヤに住んでいます。ジャワ島に住んでいるのは、全体の56人です。スマトラ島には21人が住んでいます。

都市部に住んでいる人は52人、農村部に住んでいる人は48人。

村人のうち、40人がジャワ人です。15人がスンダ人、そして経済力のある華人は5人しかいません。

村人は信心深い人々ばかりです。87人がイスラム教を、7人がプロテスタントを、そして3人がカトリックを信仰しています。ヒンズー教を信じているのは2人、それらに当てはまらない1人は他の宗教を信じています。

一番多い職業は…

次に、村人たちの職業を見てみましょう。

農業で生計を立てているのは16人、製造業は5人、金融業は1人。ですが一番多いのは、18人もの人々が従事している自営業。

専業主婦や家事手伝いといった、賃金の発生しない労働に従事している人は8人います。一方で、失業者は7人です。

村人たちの学歴を見てみましょう。

インドネシアの義務教育は中学校までですが、小学校しか出ていない、または学校に通ったことのない大人が22人もいます。一方で、大学を卒業した人は2人います。

どこかの村とは対照的

インドネシアは村人が若いことで知られています。

15歳未満の村人が29人もいます。60歳以上の村人は8人しかいません。

ちなみに、インドネシアより遥かにお金持ちの日本という村では、15歳未満の村人はわずか13人。ですが60歳以上の村人は25人もいます。ですからインドネシアの政治家は若者に、日本の政治家は高齢者に向けて政策を語りたがります。

スマホはどこまで普及している?

インドネシアでは、スマートフォンが急速に普及しています。ジャカルタやスラバヤなどでは、今やスマホなしの生活は考えられません。

では、この村ではどれだけスマホが普及しているのでしょうか。

この文明の利器を持っている村人は21人。ガラケー所持者は56人です。一方で、それらを一切持っていない人が23人います。ちなみにパソコンを持っている人は17人です。

以上が、インドネシア村の基本情報です。とりあえず、今回はこの辺で筆を置きたいと思います。もし好評をもらったら、多分続編を書きます。

そうそう、あともう一つだけ。インドネシアでは来年になると、亡くなる人もいますが赤ちゃんも生まれますから人口が1人増えます。一方、日本は来年になっても変わらないか、場合によっては1人減ってしまいます。

インドネシアは、とても若くて元気な村です。

あわせて読みたい記事

断食月真っ只中のジャワ島 日没時間のパン屋は大繁盛?