インドネシアサッカー「激動の5月」 制裁解除がついに実現!

インドネシアでは今、サッカーの話題がにわかに加熱しています。

インドネシアサッカー協会は、FIFAから制裁措置を受けていました。これは長く続き、同国のサッカーに大きな影を落としていました。

ですが先日、FIFAはインドネシアの国際復帰を認めると発表。これをきっかけに、問題だらけだった国内サッカーが健全化するのではと市民から期待されています。

ようやくの復権

今月13日、メキシコでFIFAの総会が開催され、資格停止処分を受けていたインドネシアの制裁解除が決定されました。

日本ではこの総会について、FIFAが初の女性事務局長を選出したというニュースが大きく報道されています。ですがインドネシアでは、当然ながら自国チームの復権に関する話題がクローズアップされました。

>インドネシアサッカー、ようやく国際復帰(Berita satu)

http://www.beritasatu.com/sepakbola/364871-fifa-cabut-sanksi-pssi-mari-bergandengan-tangan-perbaiki-sepakbola-indonesia.html

これと同時に、インドネシア代表チームの監督は誰になるのかという話題もあります。

次の監督は、チェルシーで指揮を執っていたジョゼ・モウリーニョ氏になると言われています。

>去就注目のモウリーニョ氏に資格停止中のインドネシアが接近?(AFP)

http://www.afpbb.com/articles/-/3086655

もっともこれは「インドネシアでそういう話がある」という段階に過ぎず、モウリーニョ氏を招聘するにはいろいろな課題があるようです。それでも現政権の重鎮は、この問題に対してかなり本気であるということが窺えます。

あの選手がジャカルタへ!

また、こんな話題もあります。

来月、日本代表の本田圭佑選手がジャカルタに来訪し、現地在住の小学生を対象にしたサッカースクールを開催するとのこと。

>本田圭佑が6月に台湾、インドネシアでサッカークリニックを開催(SOCCER KING)

http://www.soccer-king.jp/news/release/20160511/441104.html

日時は6月11日、応募期間は今月22日まで。当日は観客席も設けられるそうです。

このように、インドネシアのサッカーに関するニュースは今月に入って急な盛り上がりを見せています。

もともとこの国の人々はサッカーが大好き。「No Football,No Life」という標語は決して誇張ではありません。

そのため、インドネシアサッカーの動向は常にチェックしておかねばならない一項目でもあるのです。

あわせて読みたい記事

プロサッカーの新リーグ開幕! 「破門状態」の解消が鍵