今週のピックアップ記事(4月18日〜4月21日)

【記事シェア】米ウーバー、ジャカルタで二輪タクシー配車(日経新聞)

・ウーバーの二輪車サービスがジャカルタで始まる。

・初乗り料金は1,000ルピアと、他のサービスよりも安価。

・インドネシアでは二輪車サービスの規制は緩いが、陸運業界からの反発が予想される。

〈参照記事〉

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX13H0Y_T10C16A4FFE000/

【記事シェア】熊本地震とトヨタ工場 インドネシアへの影響は(okezone)

・熊本地震の影響によるトヨタの工場停止は、インドネシアでも大きく報道される。

・インドネシアのトヨタ・アストラの生産工場には、今のところ直接的な影響はないという。

・日本で組み立てられた乗用車はインドネシアにも輸出されており、流通販売面で影響が出る可能性も。

〈参照記事〉

http://news.okezone.com/read/2016/04/19/15/1366641/toyota-astra-motor-belum-terkena-dampak-gempa-di-jepang

【記事シェア】ジャカルタの交通機関は女性に優しくない?(ナショナルジオグラフィック)

・ジャカルタの公共交通機関は、女性にとっての安全面に問題を抱えている。

・その危険度はバンコク、クアラルンプール、マニラなどよりも高いという。

・ジャカルタのバスや電車は女性専用エリアが用意されているが、課題は多いという。

〈参照記事〉

http://nationalgeographic.co.id/berita/2016/03/jakarta-kota-dengan-sistem-transportasi-berbahaya-untuk-wanita-ke-5-di-dunia